1万人ランナーが雪化粧の霊峰を背に快走

「第5回富士山マラソン SUPPORTED BY IMSグループ」が開催され、フルマラソン登録男子は、児玉雄介さんが2時間27分33秒で初優勝を飾りました。残り、1kmからスパートをかけて接戦を制しました。

女子はモンゴルのリオ五輪マラソン代表のバヤルツォグト・ムンフザヤさんが2時間48分46秒で頂点に立ちました。富士山マラソンの前身大会「河口湖日刊スポーツマラソン」から41回目の開催でモンゴル勢の優勝は初めて。富士山マラソンとしても海外勢初Vとなりました。

海外姉妹マラソン派遣選手
・ロトルア(ニュージーランド):小川夕希さん
・ベルリン(ドイツ):名取紅美さん
・メルボルン(オーストラリア):児玉雄介さん
・サイパン:下沢聖哉さん、高浜香澄さん
・香港国際:浜崎武雅さん
児玉初V 再来年「本職」ニューイヤー駅伝出場へ弾み(日刊スポーツより)

 児玉が残り10メートルで後方を確認し、やっと優勝を確信した。両手を力強く握り、ゴールテープを切る。大会アンバサダーの瀬古利彦氏(60)から月桂(げっけい)の冠を頭に乗せてもらうと、自然と笑みがこぼれた。富士山マラソン2度目の挑戦で初優勝。「日本一の富士山の地で、勝つことができてすごくうれしいです」と笑顔で振り返った。

 最後の最後まで分からない接戦だった。序盤から先頭集団で走り、21km地点の上り坂でギアを上げた。モンゴル出身のナランドラム・ムンフバヤル(26)との一騎打ち。「相手がどのような走りをするのか分からなかったので、ロングスパートはきついと思った」。最後まで余力を残し、ラスト1kmで勝負に出た。無我夢中で走り、2位と19秒差の2時間27分33秒で優勝した。

 家族と約束を交わし、マラソンに挑んだ。昨年1月に友梨さん(28)と結婚。26日の出発直前には、友梨さんと長女の莉愛ちゃん(1)に「勝って帰ってくるね」と誓った。家族との約束のためにも、負けるわけにはいかなかった。「まだ何をやってるか分からないと思いますが、強い父親の姿を見せられたと思う。よかったです」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 現在はコモディイイダ駅伝部で主将を務める。フルマラソンは本職ではないが、駅伝部としての意地を見せた。当然、目標は個人ではなく、チームとして「ニューイヤー駅伝」に出場することだ。「来年は出場することはできないので、再来年は出られるようにやっていきたい」と意気込む。フルマラソン優勝を自信に、児玉は走り続ける。

【フルマラソン男子登録者】

順位 氏名(所属) タイム
1 児玉 雄介(コモディイイダ) 2時間27分33秒
2 ナランドラム・ムンフバヤル(モンゴル) 2時間27分52秒
3 浜崎 武雅(とりあえず山梨) 2時間28分30秒
女子はバヤルツォグトが海外勢初制覇!(日刊スポーツより)

 バヤルツォグトは〝最愛の人〟と重ねた手のひらに、そっとメダルを乗せて見つめ合った。前身の「河口湖日刊スポーツマラソン」時代を含め、母国モンゴルにもたらした初の栄冠。「日本の優秀なランナーと走ることができてうれしかった。優勝できて光栄です」。

 高低差があるコース特性を踏まえ、1km4分ペースを維持。「ご招待いただいた大会なので、絶対に負けたくなかった」と37km過ぎから加速し、2位名取とのマッチレースを制した。

 12年に、ランナー仲間のドルジパラム(28)と結婚。現役ランナーとして、専属コーチとしてもサポートを受け、リオ五輪の夢舞台を踏んだ。母国のファンからも「ザヤ」の愛称で親しまれ、活躍を期待されている。「これからもっと国際大会で結果を出したい」と夫婦で歩む夢のロードの最中にある。

 今回の富士山マラソンには、夫も招待選手として出場。モンゴルはこの時期、気温はマイナス40度近くになる。屋外で走り込めない状況でも、夫婦一緒に首都ウランバートルの体育館を借り、フロアを連日20km周回した。レース後、故郷の両親と3歳の長男アミダラル君に電話で吉報を伝えた。

 今大会後は帰国せず、広島に滞在。来年1月29日開催の大阪国際女子マラソンに出場予定。「目標は東京五輪。記録を伸ばしていきたい」。富士山麓での優勝が、大舞台への挑戦を後押しする。

【フルマラソン女子登録者】

順位 氏名(所属) タイム
1 バヤルツォグト・ムンフザヤ(モンゴル) 2時間48分46秒
2 名取 紅美(ラフィネ) 2時間49分15秒
3 小川 夕希(ラフィネ) 2時間54分08秒
  • 日刊スポーツ新聞社

富士山マラソン大会事務局:
PHONE 03-3546-5925

土日祝日除く 10:00-18:00

■主催
  • 日刊スポーツ新聞社
  • 富士河口湖町
  • 山梨陸上競技協会
■共催
  • 日本知的障害者陸上競技連盟
■後援
  • 観光庁
  • 朝日新聞社
  • 山梨県
  • 山梨県教育委員会
  • 山梨県体育協会
  • 富士河口湖町教育委員会
  • 富士河口湖町体育協会
  • 河口湖観光協会
  • 河口湖温泉旅館協同組合
  • 河口湖観光食堂売店組合
  • 富士五湖観光船協会河口湖支部
  • (※一部申請中)
■制作協力
  • 美楽界
■主管
  • 山梨陸上競技協会